享保十二年(一七二七年)より
歳月をかけて
つくりだされた本物の味。

  • 県内唯一の炭火焼き

    原材料は日本海、特に島根県沖を中心に水揚げされる新鮮な魚を使用し、添加物を使用せず素材を活かした蒲鉾造りを心がけております。
    ごく当たり前の手仕事で、お客様に安心安全をお届けいたしております。炭は島根県産のものを使用しています。

    炭火焼きであご野焼を焼く様子
  • 地伝酒について

    地伝酒とは、もち米で仕込み完全発酵させ、木炭を加えてから絞ったものです。清酒より色が濃く甘味があり、あたかも薄いみりんといった感じの料理酒ですが、みりんと違って純然たる発酵酒です。
    それを蒲鉾に合うように調整して、旨味を引き出し、
    飛魚の生すり身に練り合わせて、添加物を一切使用しないあご野焼を製造しております。

    [写真]出雲 地伝酒
  • 本場の本物認定
    「松江の炭火あご野焼」

    当店の「地伝酒あご野焼」は「松江の炭火あご野焼」として本場の本物の認定を取得しました。島根県沖で水揚げされる飛魚のみを練り合わせ、材料の旨み成分を引き出すために地伝酒、塩、甜菜糖で味を調え、卵白、澱粉質を微量にとどめて炭火で焼きあげています。化学調味料や保存料は一切使用せず、食した触感はソフトで飛魚本来の旨みを感じることができます。

    [写真]あご野焼

新着情報NEWS

青山かまぼこ × セイゴ

宍道湖漁業協同組合と島根県松江水産事務所等の関係者が近年生息数が増加し、
宍道湖の生態系を脅かす存在の「セイゴ(スズキ)」を有効活用する為に検討していた練り物の試作を、当店では平成20年より始めました。